2015年5月20日水曜日

大阪都構想と橋下市長について


先日の住民投票で大阪の都構想について賛否の判定をし、僅差で反対票が上回りました

それをうけて維新の橋下大阪市長は人気終了後に政界引退することを表明しました

票の差は僅差であったのにあっさり引退することを決めた橋下さんについて何故なのかと思う人もいたでしょう

橋下さんについては以前に書いたことがありますが、中国で講釈師のようなことをしていたと思います

例えば歴史物の三国志や水滸伝など人気のある物語を暗記して、弁舌巧みに語り聞かせて商売にしていた方です

暗記力もあるでしょうし、人を引きつける話術にも長けた方であたのでしょう

ですがこうした商売と言うのは、一箇所でずっと商売をしていたら、次第に飽きられて人の足が遠のいていくので、次々に違う場所に移っていきます

今世の橋下さんも、このまま続けていても、次第に飽きられて、人気が落ちていくのを察したので、政界引退を表明したのでしょう

そのような次々に移って行く性質があるのでしょう

その元となっているのは、弁舌で人気を得る方ですが、根本において信念を持ってやっているのではないため、容易に投げ捨てられるのでしょう

彼自身も、現在は大阪の都構想にあまり興味がなくなっているのだとおもいます

そもそも大阪都構想は地方の権限を増そうとする方向だといえるでしょう

以前に道州制の構想もあり、幾つかの県をまとめた州や道を作って、権限の委譲をしようとしていたことがあります

このように地域に権限を移していこうとするのは、一見よさそうに見られますが、国家の力をそぎ落として、弱体化させる方向に進んでいってしまいます

かつて江戸時代には各藩が独立国家のようにあって、それを幕府が緩やかに束ねているような状況に日本はありましたが

それでは欧米の国々に勝てないと知って、廃藩置県をして中央集権化を進めたのが明治維新でした

ですので、地方への権限の移動が囁かれていたときには、私の夢枕にある明治維新の志士が立って、維新の逆をしようとしていると怒っておられました

橋下さんは維新という名前を使いながら、明治維新とは逆に、中央の力を削いで、地方に権限を移そうとした、逆維新を進めようとしていました

先日の辺野古移設や原発再開問題もそうですが、問題を地方に投げてしまって瞑想してしまっているのは、地方の権限が強まって、中央の権限が弱まっているからだと言えます

そのように地方が権限を強化するようになってくれば、国家的な問題であるエネルギー政策や外交問題にしても、地域の反対にあったら進まなくなり、何も出来ない状況となっていくでしょう

関連記事


ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

6 件のコメント:

  1. いつも拝見しております、ありがとうございます。
    橋下さんについては何故か腑に落ちました。
    大阪市民として期待もしていましたが、よく観ていると何か末恐ろしい感覚が出てきていました。
    それはご指摘の部分かと感じています。
    改革、維新と斬新な言葉遊びで酔っていたのかなと感じました。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      大阪市の方ですか
      彼には大きな仕事を任せるのは難しいのだと思いますね

      削除
  2. 橋下さんは国民の政府への不信感を利用しながら、地方分権を訴えていたんですね。そのとんでもない正体が明らかになりました。
    沖縄の基地問題でも、不安要素の一面だけを取り上げ反対していけば、結果的にその地域を守れなくなる恐れがありますね。

    返信削除
    返信
    1. そうですね
      人々のネガティブな想念を受けて人気を得ている部分がありました
      そうしたところは民主党と通じるものがあります

      削除
  3. 橋下氏を好とか嫌いとかではなく、大阪都構想自体が欠点の方が大きいと考えて反対でした。橋下氏は「俺を好きなら都構想に賛成するべき」みたいなアプローチになったのは、本末転倒だったと思います。また、公明党、共産党も反対派でしたが、彼らは日教組や同和の既得権益を守るために反対だったので、私は大阪が関西の中心になって発展する国家プロジェクト推進のために反対でしたから、目的が違います。

    返信削除
    返信
    1. マクロな判断からすれば、いま地域に権限の移転をすれば、日本という国はバラバラになって、外国に蹂躙されるようになるでしょう
      いまは国として一つにまとまって海外に対応していく必要のある時期です

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます