2015年4月29日水曜日

ネパール地震、死者1万人の恐れも



ネパール地震での被害者数が五千人を越えたとニュースがありましたが、被害はさらに拡大し、死者は一万人を超すのではという話もあります

もうこれ以上に被害が拡大しないことを願います

今日のニュースではさらに各国からの救助隊の受け入れを中止するという話しもありました

国側の段取りや手配が追いつかず、やむなく断りをしているかも知れませんが、政府が中国に頼っており、他の国の救助の受け入れを拒否している可能性も囁かれています

ネパールは台湾からの救助の申し出を、中国からの要請で断ったという事情があるので、他国からの受け入れの中止も、中国の意向があるのではないかと勘繰られています

真偽のほどは分かりませんが、政権の存続を優先する我欲による判断に流れずに、国民の生命を守るための判断をしていっていただきたいと願います

ネパールはヒマラヤ山脈で有名ですが、実は仏教の開祖であるゴータマ・シッダールタ=仏陀の生まれた地とされています

ネパール南部にある都市のルンビニでお釈迦様はお生まれになったと言われています

ネパールでは2001年6月に、国民から慕われていたビレンドラ国王と王族の人が銃の乱射により殺害されました

ビレンドラ国王の亡き後に実弟であるギャネンドラ皇子が王位について、強権的な政治を行います

その政治への批判が高まったこともあり、毛沢東主義者が勢力を拡大してテロや戦闘を激しくします

国民からの信頼を失ったギャネンドラ国王は、元首の地位を無くし、選挙によって選ばれた政治家が政治を行う民主的な国家になっていきます

民主化されても現在のネパールの政情は不安定な状態となっていました

こうした不安定ななかで今回の地震が起きたことによって、さらなる混乱が起こってきてしまいます

願わくば今回の震災を期に、真に国民のためとなる国へと生まれ変わ利ますように


関連記事


ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

4 件のコメント:

  1. 世界の様子から国家、個人次元に至るまで、思想の大混乱が起こっていますね
    これまでの価値観が覆されるような試練的状況が起きている、この世の有り様です
    真を求めて右往左往に彷徨する時代となっているようです
    注意深く様々な事柄の動向を観ていかなくてはならないと思います




    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      時代の転換点にわたしたちは生きているのでしょうね
      よい方向に未来がひらけますように

      削除
  2. こんな悲惨な時に及んでも中国という国は…。まあ尊い人命などハナから問題にしない中国らしいというか少しも驚きませんが、うるさいくらいに都合の良い建前ばかり発信している中国という国のこういう恐ろしい本質に対して先進国である欧米の国々は危機感を持っているのでしょうか 。米や独のトップは自国の経済のために親中外交をしていますが、お金のために言うべきこともいわなくなるどころか、よき理解者として振る舞うのではとさえ思うところですが、実際はどうなのでしょうか。ともあれ、被災者の方々を心ある国々でともかくも一人でも多く救えますようにと祈っています。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      私たちは一人でも多くの方が助かることを祈っていくのがよいですね

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます