2015年3月20日金曜日

オ○ム事件について



今日で二十年目になります地下鉄サリン事件などをおこしたカルト団体のオ○ムについて書いてみます

まだ事件を起こす前ですが、何か獣臭がするような感じをしてみたら、駅の近くで書籍の販売をしていたのを見ました

低級霊など動物霊が憑いていると、獣臭がするようです

今日もオ○ムの映像をテレビで流していましたが、座禅を組みながらピョンピョン飛び跳ねる姿が映っていました

教団の者はクンダリーニなどの霊的なエネルギーの上昇でそうなると言うふうにありがたがっていたようですが、実際は身体がピョンピョン飛び跳ねるのは動物霊が憑依してきたときなどにおきます

彼らの道場等で修行していて動物霊などの低級霊に憑依されてしまったのでしょう

それをありがたがっていたわけです

ちなみにピョンピョンと縦に飛び跳ねるのは、狐や狸などの四本足の動物に多く、クネクネと動くのは蛇などの爬虫類系に憑かれたときにおきます

現在でも超能力の開発とか瞑想法とかいろいろありますけど、特殊な能力に引かれてそうしたものを得るためにしている場合は、同じように低級霊に窓をされることがありますので、注意された方がよいと思います

こうした教団に引かれる人の親などの周囲には、この世的な物事に関心や気が向いていて、精神的な物事に無関心である環境にあった場合も多いのかなと感じます

この世的な事、世俗的な出来事のみに向けられる関心と、それへの反動として見えないものへの関心や、反社会的なオ○ムへと引かれてしまっていたのでしょう

どちらも極端にぶれてしまい、偏ったものとなってしまっています

ここの教祖を霊的に見ると人を取って食べる鬼のように映ります

かつては山賊などが、山に入ってきた旅人を捕らえて、実につけているものを奪ったり、殺めてしまったりしていましたが、過去世においても、幹部などはそうしたことをしていたのでしょう

ちなみに地下鉄サリン事件のあったときは私は東京で生活しており、被害にあった日比谷線で通勤しておりましたが、その日は何故だか早く起きて、普段より何本か早い電車に乗っていたため、被害にあわずにすみました

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

  1. 本当に恐ろしい事件だと改めて感じます。教団側が入信者に薬物のLSDを与えていた、とニュースで知りました。信者も気づかないまま混入されていたようです。
    オウムの他にも、悪徳な宗教や団体は存在します。自分の弱みや寂しさに付け込まれた時、心の拠り所が無ければ、頼ってしまうのかもしれません。
    親や友人など、社会との強いつながりが無ければ孤独を感じやすい社会だと思います。
    神や宇宙の存在を信じることを、私は心の支えとしています。

    返信削除
    返信
    1. 悪いものもあれば善いものもあるとおもいますが、どのようなものに引き寄せられるかはその人の心のあり方にも通じているのでしょうね

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます