2015年2月8日日曜日

本来の自分を知るには?



アンケートで質問のありました「やりたいことが見つからない」「本来の自分がわからない」ということですね

今日はこの件について書いてみます

これは特に若い世代の人たちが悩むことが多いかと思います

人間はこの世に前世やあの世での記憶を全て無くして生まれてきます

そうしたゼロからの再スタートですべての人が一直線に並んで走り出しているわけです

もしも前世で例えば音楽家として活躍してそうした才能があるとわかっていたら、何も考えずに今世も同じ道を歩むかもしれません

ですが自分にはどのような才能があるかや、どのような使命や目標を持って生まれたかは秘められた状態にあって、まるで手探りをして歩むかのように、人生を生きていきます

いろいろな試行錯誤をしながら、時には道に迷ったり、時には転んで怪我をしたりしながら人は道を歩んでいきます

そうしたなかで、焦ったり、不安があったりして、早く見つけたいと、望んでいたような本来の自己を見出して、望みのことをやれる自分となりたいと急ぐこともあるでしょう

人がなぜ、全ての記憶を消してこの世に生まれてくるかと考えると、様々に試行錯誤しながら、時には悩んだり、時には傷つくことも承知の上で、あえて様々な冒険や挑戦をするために生まれてきたのだと思います

ですので「やるべきことは何なのか?」「本当の自分ってなんだろうか?」と考えることはひとつの道を歩むための燃料ともなっていると思えるのです

機関車に石炭などを投下して進ませるように、あるいは自動車にガソリンを入れて発信させるように、人間が向上し精進するためには燃料が必要でしょう

その燃料としてそうした疑問が用意されているのだと思います

安易にくじでも引くように答えを見つけようとするのではなく、自分自身で探求し時には泥んこになりながらでも求め続けることが重要ではないかと思います

ですので今回は見つける方法を質問されましたが、それには直接お答えはせずに、自らで探求していってくださいと応援するにとどめときたいと思います

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

3 件のコメント:

  1. 今の自分に当てはまるお話でした。
    迷うことが多いですが、立ち止まってばかりいてはいけないのですね。
    自分が真剣に考えて行動しているなら、遠回りでもきっと自分の人生の目的地にたどり着けるのかなと思えました。
    悩むことにも意義があるのですね。
    自分で選んだ道なら、どの道でも間違いではない、そう言えるような毎日を過ごしたいと思います。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは

      この世に生まれてくるのは悩んで成長するためでもあるのでしょうね
      上を目指して歩いていくと、どの道を歩んでもいずれは山頂へとたどり着くでしょう

      削除
    2. 温かいメッセージをありがとうございます。
      少しでも魂が向上していくように、頑張りたいと思います。

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます