2015年2月7日土曜日

宮沢賢治の転生・前世とアンタレス星人について


宮沢賢治さんはみなさんもご存知でしょう

日本の童話作家で詩人として有名な方です

岩手県出身で童話では「銀河鉄道の夜」や「風の又三郎」「注文の多い料理店」など、詩集では「春と修羅」があります

このブログでも何度も取り上げさせていただいたことがあります

実はブログでも創作童話を発表していますけど、そのインスピレーションの元は賢治さんからのものだと個人的には思っています

宮沢賢治さんは生前に法華経という仏教の経典を厚く敬っていて、法華経信仰を広めようと熱心に活動されていました

どうも賢治さんの前世で、法華経の編集に関わっておられたように感じられます

法華経には物語風の内容があるようですが、そうしたものを教えをわかりやすく伝えるためとして編集されたのではないかと思います

そして単に仏典の編集をされるのではなくて、その経の物語を実際に演じて見せて大衆普及に尽くされたように感じます

生前の宮沢賢治さんもご自身で作られた劇を農学校の生徒と演じられたと聞きます

その賢治さんですが、もとは昨日書きましたさそり座のアンタレス星域からこられた方のように思われます

この星域には、聖者や徳の高い精神的なリーダーとなられる方が集団で住んでおり、様々な惑星に人材を送っては、その星の精神性の向上に役立てる計画をして取りまとめているように思われます

宮沢賢治さんもそうした星から来られた魂の一人なのではないかと感じられます

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

5 件のコメント:

  1. アンタレスの記事ありがとうございます。
    宮沢賢治の著作には『銀河鉄道の夜』『よだかの星』など宇宙を舞台にしたり、地球外を意識した作品がありますね。
    また水晶の採取に没頭したり。
    有名な哲学者や音楽家でも作品は素晴らしいが誰かしらと争ったり仲違いしたりしてますが、彼は調べた限りでは父親との口論以外はそういったことが見られませんし…
    なんか納得です。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      確かに賢治さんの作品には宇宙に関するものがいくつもありますね

      削除
  2. 宮沢賢治さんという方を詳しく語るような知識もまったく無い自分なのに、ほんとうの無垢なオシャレさとでもいいますか、とても感じます。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは

      宮沢賢治さんはオシャレさんでもあったようですね

      削除
  3. 先ほどの前世アンタレス星です。
    ときどきこちらは拝見させて頂いてます。

    実は私も編集の仕事等、絵やメッセージを発信しておりとても魂の共感~いろいろと今、変動中なので、アドバイスを頂けたら嬉しいです。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます