2015年2月28日土曜日

ワンネスとは何か?


スピリチュアル業界でよく言われていますワンネスとは何でしょうか?

その意味につきまして私なりに書いてみます



私たちの魂は、もともと全てが一つであった状態から分かれてきたものだと考えられます

世界の初めにおいて、一つであったものが、徐々に分離していき、個別の存在となったものが。私たちの魂です

そして魂は、もともと全てが一つであった記憶を魂の奥に潜めています

地上に降りていくと、この他の者と繋がっていた感覚がほとんど無くなってしまい、人は深い孤独に落ちていきます

肉体と言う物質は、強固な牢屋であり、私たちの魂を地上に閉じ込め、ワンネスの感覚を失わせてしまいます

魂が他の者と繋がっている感覚を、ワンネスと言うふうに呼んでいるといえます

また私たちの魂は、元なる根源へと回帰していこうとする働きがあるため、ワンネスへの回帰として語られることもあるでしょう

ただ地上の人間がワンネスを感じるのは、魂の故郷での感覚を思い出している状態であり、懐かしい記憶を味わっていると言えます

元より魂は分離を繰り返してきていて、また元へと回帰しようとする望みも持っています

このように魂は分離と帰一という両極の異なった動きを内包しております

二つの違ったベクトルを持った力を秘めています

もともとは一つであったが故に、私たちは互いに惹かれあったり、愛する気持ちを持つのです

愛とは、もともと一つであった者たちが、磁石のように引き寄せ合おうとする働きともいえるでしょう

関連記事


ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

10 件のコメント:

  1. ワンネスの記事読んでいて何故か勇気づけられます。
    「もともと一つであった」とは神様と一つだったと言うことでしょうか、 それとも全ての人間が一つだったと言うことでしょうか?
    そして一つになる日はいつ来るのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. すべてです
      元なる神も人間もすべてがひとつであったということです

      削除
  2. こんばんは。
    なぜか惹かれる、懐かしいと感じる時は、ワンネスでそのように感じているのですね。
    元々一つだった魂が離れているのは、寂しく悲しいようにも思います。
    けれども魂の修行をするためには、ワンネスを求めて人との絆を深めたり、人生に苦悩することも必要なのですね。

    返信削除
    返信
    1. さまざまなる体験を積むために
      わたしたちは分離の経験を選びました

      削除
  3. 宇宙の一部の私たちは、さざ波の如く、押してはかえしながら、様々な事を吸収し、影響し合いながら元へと前進しているのでしょうか…
    元を忘れているがゆえに孤独を感じ、感じるからこそ愛を求め、求める感情が気づきに繋がるのでしょうか…?
    人は誰しも元来孤独なんですね。。

    返信削除
    返信
    1. 地上にあるうちは
      ひとは孤独を味わいます
      魂の故郷にもどると深い繋がりを思い出します

      削除
  4. はじめまして、はじめて記事を拝見致しました。
    人間が何故、孤独・孤立に不安と悲しみを感じ、一体感や繋がりに安心や喜びを見出だすのか…
    答えはワンネスに集約されるように思いました。
    貴重のなる記事をありがとうございます。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      記事が参考になれましたら幸いです

      削除
  5. こんにちは。生き霊がワンネスをたてに自分に憑依し続け、困っています。生き霊とワンネスは全くべつのものと考えていいのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. もちろんまったく別で関係ないです

      空っぽの袋にはいろんなものが入ってくるので、自分自身を充実・確立されてそうしたものが入ってこないようなご自身となられてください

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます