2015年2月17日火曜日

同性カップル証明書に賛同しますか?


東京都渋谷区が同性カップルに「結婚に相当する関係」の証明書を発行する条例案を検討しているとニュースがありました

区民や事業者に同性カップルを夫婦と同等に扱うよう協力を求める内容ですが、「家族制度を揺るがしかねない」と反対の声も予想されています

同性愛については古くから宗教などで議論されていて、旧約聖書では悪徳であるように言われてますし、一方、ギリシャ神話ではアポロン神が美少年のヒュアキントスと相思相愛だったと言われ、神様も同性愛をされていることが描かれています

このように宗教によって否定的であったり肯定的であったりする問題です

そこで当ブログを読まれている方はスピリチュアルに関心のおありの方がほとんどでしょうから、そうした方が同性愛の問題に関して、どのように考えておられるか教えていただきたいと思い、アンケートを作成しましたので、よろしければご意見をお聞かせください



関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

3 件のコメント:

  1. お疲れさまです。

    今回のアンケートに対しての大多数を占める容認賛同者の方々の意見を拝見してますと、本心的に気分の悪さを感じてしまうものです。

    公的に容認されることが拍車となって、これからの世界で同性愛が増え続けるとどうなるでしょうか。
    家族制度云々よりも、子孫が出来ず、人間が少なくなってしまうのです。
    同性愛は、道を外れた行いです。
    神様がいちいちあれは良い、これは悪い事と教えて下さらないですが、宇宙には立派に原理というものがあります。
    今回のアンケート結果を通して、反対に、如何に愛と性が一番大切なものであるかということに気付かされました。
    そのような点においては深い意義があったかと思っています。




    返信削除
  2. このような話になると必ず、自然界に反する行為だ!と言う方がいらっしゃいますけど、ペンギンや鯨、ボノボというお猿さんなどは同性間での性行為や同性のパートナーを見つけたりしています。
    それに神や宇宙の原理が同性愛を許さないのならば、なぜ同性愛が存在するのでしょうか?とても不思議ですね。

    それに出生率、出生率と言いますが、
    同性愛だけが出生率を下げているとは思えません。
    出生率を下げているのは、母親が子を育て、父親が外で働くという旧時代的な考え方が出生率を下げていると思います。
    仮にも、その子供の半分はあなたの血肉を分けて生まれた子供です。
    それを子育てしないなんて、私には驚きです。それにその子供がもし同性愛者だとしたら、それだけで見捨てられるのですか?
    私にはそちらの方がよっぽど自然界や宇宙の原理に反すると思えますね。
    私には、この地球に生まれた者皆がそれぞれ、お互いに幸せになるという事の方が、
    自然界のルールや宇宙の原理だと思います。同性愛者の方が幸せになるという事がどうしていけない事なのでしょうか?

    私は、同性婚に賛成ですね。

    返信削除

  3. 失礼致します
    自分が思います『結婚』の意味とは、そもそもが、子育てを見据え、家族構築をしていく、基本的には子育て責任の部分に端を発した、ことからのように思います。

    しかしながら、子育て配偶者だから優遇され過ぎても、
    また、結婚ゆえの優遇メリットや優遇権利の主張をし過ぎても、どうかと思いますし、
    また、社会制度上の都合ではともかくとしても、社会的に一人前として認めてもらいたいとかは、社会慣習へのアピールに振り回されたに過ぎません。

    異性婚に限らず、『婚姻締結』にて、愛し合う二人の愛の宣言だと思うこと自体も、社会慣習に振り回されているだけですし、
    社会に一人前と認めてもらえないと、愛し合う二人の愛の範疇では、不幸せなのでしょうか。
    自分たちも右へならえの『婚姻主張』があれば、愛し合う二人の愛の範疇では、幸せなのでしょうか。

    また、異性婚に限らずですが、『結婚にて、社会に主張するべく主張により、幸せになる』という図式を、同性愛者であろうと同性愛者で無かろうと語るのは、
    社会慣習や、最近のTVや欧米風潮や、スピリチュアルに感化された少しばかり短絡的な捉え方のようにも思います。

    今回の杉並区?でしたか、
    制度上の都合に対する不平さの修正での、『同性カップル』検討は、否定しませんし、同性愛云々は言いませんが、
    『同性婚姻締結』まで、この社会で存在してしまうと、子育てを見据え、家族構築をしていく、基本的には人間社会ゆえの子育て責任の部分に端を発した『婚姻締結』の、本来の本筋から逸れていく懸念が有りそうにも思います。

    社会慣習の否定をしてますが、あくまでも、自分が思います個人的な解釈に過ぎませんので、社会の慣習すべてに否定的な訳では有りませんし、いち考えと捉えて頂きたいのですが。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます