2014年12月19日金曜日

STAP細胞を再現できなかったとして小保方晴子氏依願退職


ここのところ私用などでブログの更新が遅れたり、昨日は出来ずにいて、心待ちにされている方には申し訳ありませんでした

今日はネットニュースで小保方さんの退職の話を聞きましたのでこの件について書いてみます
今回は監視カメラや監視人がいる状況で、決められた手順のみで再現実験をさせるという、まるで監獄かなにかのような状況に置かれての再現実験で、成功していませんでした

おそらく手順書に書かれていない内容も実際にはあるのではないかと書いたことがありますが、決められた手順どうりでしか実験していないのなら再現できないということを示しているのでしょう

理研でこのような犯罪者扱いで再現実験させられて無理であっても、別な研究施設で小保方氏のやりやすい環境で再現の実験をこれからされることがよいと思います

STAP細胞については世間では否定する意見が多いと思いますので、アンケートを取ってみたいとおもいますので、よろしければお答えください



関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

10 件のコメント:

  1. 本日、

    ★小保方氏の実験環境は「犯罪人扱い」!
    「STAP現象」検証実験リーダーが批判!
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1412/19/news124.html

    という記事が掲載されていました。

    これでは、あまりにも小保方さんが可哀想です。(;_;)

    返信削除
    返信
    1. まるで現代の魔女狩りのような雰囲気ですね
      彼女にはもっと自由な環境で研究されていただきたいですね

      削除
  2. 宇宙が存在するように、stap細胞も存在すると思います。
    気の遠くなるような回数・時間をかけて、実験しないと出てこないだろうと思います。
    小保方さんを指導されていた方も亡くなり、以前とは環境が変わり過ぎているのに、短期間で結果を出せと言うのは無理があります。
    企業秘密があるように、研究者だって全てをオープンにしたくないだろうと思います。
    周囲からは手の平を返すように悪者扱いされ、信頼のおける人にしか公開したくないでしょう。


    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      様々な周囲の思惑に振り回されていった事例でしたね

      削除
  3. 基礎研究が実際に臨床実験にまで進めるようになるためには、まずは、そのSTAP細胞を誰でも作製出来るよう公開しなければならないと思います。基礎から具体的に臨床応用まですすめるには時間がかかります。なのに、なぜ、裏があるとか、わざと方法を全て書いていないなどとなるのでしょうか?
    発表後、すぐに、特許申請を行えば何の問題もないと思いますが。
    もともと、まだ確実にSTAP細胞が作製出来る状態ではなかったのでしょうか?
    再現性がなければ、論文も紙っピラです。
    本当にSTAP細胞で持って、世の中の人たちを助けたい、移植に頼らなくていい時代に少しでも早くっていう思いがあれば、隠さず公開すべきだと思います。STAPが
    in vitroで誰でも作れることで初めて、研究のスタートです。その先はまた別の分野、分子生物の研究者たちが競って、臨床応用を目指し、組織や器官の安定した作製方法、そして具体的に次は臨床上、実際の人を用いて安全性機能性など確認実験を医師など参加して研究していくものです。
    私なら、どんどん自分のSTAP細胞をヒントに臨床応用に早くすすめて多くの人たちを救いたいから、より詳細に、誰もがわかりやすいmethodを記載すると思います。
    研究は個人のものではなくて、別の世界からのインスピレーションを受け取っただけで、それを地球上の人類みんなで助け合って、いいものへ開発する使命があるんだと思っています。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      真実はまだわかりませんね
      これから自由な環境で実験が再開できれば成果が出てくるかもしれません

      削除
  4. わざと書かなかったわけではないのでは。先端科学では書面だけでは表せないコツがある事が多々あるのは周知の事実です。書面説明だけで再現できるならIPS細胞の講習会やビデオ解説会も必要ないでしょう。クローンマウスも第三者の再現がされず捏造が疑われたので若山氏が色々な研究所を回って実際にやってみせて第三者の再現がされるようになりました。つまり論文や書面説明だけでは無理なコツを実践で教えた事になります。しかし小保方氏は若山氏などのような自由な行動はできず行動を制限されていて、まるで囚人のように扱われていますから、そのような状況でコツを再現するのは難しいのではと思います。若山氏は自分の研究の再現でさえも研究所が変われば半年再現できなかったと言っています。(勿論これは自由に研究できるのが前提でさえもです)先端科学はそのようにコツが難しいものであるのに、今の制限された状況では無理でしょう。自由な環境での実験ができるといいですね。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      そうですね
      もっと自由な環境で出来るとよいですね

      削除
  5. まだまだ、夢のような、銀河鉄道999やスターウォーズのような世界といってはいささか大袈裟ですが、人間の一部を再生出来る世の中はお預けということですね。
    論文のコピペや不備など、自分でも不思議なうっかりミスならば、何か見えない力が働き、私たちに警鐘をもたらしたものでしょう。試されたのでしょう。
    他のIPSなどの万能細胞と違い、「容易に作製出来るSTAP細胞」として世に出たのだから、かつての万能細胞と違い、簡単な操作で出来ることから、ぐっと、臨床への応用を近づけ、低コストによる近未来の保険内診療の期待も大いに高まりました。もしも論文不備がなかったら、前進していました、と言いたいです。実際の操作、コツなどは、自ずと、他の研究所、企業等から要望があるものではないのでしょうか???理研というハイレベルな機関だからそうはいかないのでしょうか。共同研究なんてしないのでしょうか。各自が情報提供なしで、臨床研究にもっていけってことか、理研が自ら主体でしたかったのか?次元が低いですが、学生のころ、大手の製薬会社の研究室から基礎の実験操作習得に来られていました。共同研究のテーマをもってこられ。
    洪さんのアンケートで「念で作製」というコメントも見ました。そうかもしれません。
    相手は細胞ですから。。。今回のようなネガティブな環境では難しかったのかもしれません。実験も生き物ですから。「簡単に作製出来る」STAP細胞では少なくともなかったように思います。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      また自由な環境で実験をされるようになると成果も出てくるかも知れませんね

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます