2014年11月7日金曜日

レプティリアンが世界を牛耳っている?


アンケートで質問がありました、世界の背後でレプティリアンと呼ばれる宇宙人がいて牛耳られているとする話しです

政治家などの多くはレプティリアンだと書いていました

レプティリアンと呼ばれる、肉食系の宇宙人がいるのは事実で、そのことについては何度か書いたことがあります

ただ世界が彼らによって影で支配されているかと言うとそうではなくて、一部で暗躍しているというのが実情でしょう

もしも彼らがメインで地球を支配しているのなら、人類は植民地の人間のように人権がほとんど認められない生活をさせられているか、まるで家畜のように支配されているでしょう

地球の一部の国では、独裁者による抑圧的な国家があり、そうした国はレプティリアンの影響下にあると考えられます

北朝鮮などの国を考えれば、もし世界がレプティリアンに支配されていたらどのような地球になっていたかと言うと、世界全体が北朝鮮のような全体が貧しく支配層に逆らえず服従しなければならないものとなっていたのが創造できるでしょう

今の世界では個人の人権や自由なども尊重されていて、幸福を追求していける社会が多く広がっていますので、地球の主流の存在はレプティリアンではないことがわかります

地球での主流となっているのは金星系やプレアデス、ベガなどの系統であろうと思います

レプは主流ではないですが人類に大きく影響を与え、あわよくば乗っ取ろうと考えているのは事実であろうと思います

そうならないように裏では一生懸命に頑張っておられる宇宙人の勢力もいると言う事ですね

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます