2014年11月12日水曜日

憑依を祓う方法


昨日は不幸の重なる原因について記事を書きました

それはおもに未浄化霊の憑依によるものと、カルマの解消の時期に来ていると述べました

その中で憑依された場合の対処法を書いてみたいと思います


憑依はどのようなものか解りやすいものでは、お酒を飲むと、急に怒りっぽくなったり、悲しんだり落ち込む人など、人格が変わる人を見たことがあるかと思いますが、これなどは憑依のわかりやすい例です

お酒を飲むと理性が働かなくなるので、憑依霊が表に出てきやすくなります

飲んだから憑依されるというよりも、普段憑いている霊が表に出てきて、見ていてわかりやすい変化をおこします

多くの方が憑依を経験されているでしょうが、普通は気づかないだけと言えます

憑依を除く方法は過去にも記事にしたことがありますけど、もっとも基本的な方法は、本人が自分の過ちを反省して、心の曇りを払い、軌道を修正しようとする事です

憑依されるのは、その霊と同通する心の傾向性を持っているため、それを修正すると憑いていられなくなります

例えば、不幸の原因をご先祖様などのせいにして、お祓いしたり供養すればよいのではないかという、原因を他人に押し付ける考えがあると、同じく自分が未浄化で苦しんでいるのは子孫が供養してくれないからだと、これまた不幸の原因を他人のせいにする先祖様と思いが通じますので、憑依されることがあります

何らかの心の曇りが未浄化な霊と同通しやすくしますので、反省などで心の曇りを払っていくと、憑きづらくなってくるため次第にはがれていきます

反省して、守護指導霊様や神仏等に素直にわびて、そのあとに憑依を除いていただくようにお願いするのがよいでしょう

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

10 件のコメント:

  1. 関連記事なども合わせて、理解できました。ありがとうございます。
    反省...ここ2,3年 この歳になってようやく自分を反省することに気がついたテイタラクですが、反省して修正したつもりでも再び同じ思いをくり返してしまう、本当に性懲りのない私めです^^;。神仏や守護霊様方々に感謝すること詫びることは、本当になんともいえず落ち着いた心地の良さを感じます。私に呆れてらっしゃりながらも ヨシヨシと頭を撫でて下さっているような… ? これもまた自惚れでしょうね^^; 反省して軌道を修正すること、これに努めたいと思います。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      気づけてよかったですね
      なかなか自らの過ちを認めるのは難しいですから
      それだけでもかなりの前進なのでしょう

      削除
  2. こんにちは、洪さま。久しぶりにコメントします。

    私の父がお酒を飲むと変わってしまう人でした、危険だった事もあり離れて暮らした事もあります。イベント時(誕生日とかクリスマスとか運動会の前の日?とか)になってました。最初は母だけ攻撃してたけど最終的に兄にまで手を出すようになったので(私には何もしませんでしたが、、、)離婚はしないものの離れて暮らし、今は老人ホームにいます。お酒飲まないと普通に子煩悩ないい父に戻っていました、、、あれは一体なんだったんだろうかと今でも不思議です。やはり何か憑依されていたのでしょうか?それともそうなる事は私達へのメッセージ?だったのでしょうか。最近は見なくなりましたが嫌な父が夢に出てきては私は悲しい思いをしてきました。

    返信削除
    返信
    1. 数日前からリラクゼーション音楽を聴いています。
      昔の記憶を思い出しました。

      子供の頃、父がお酒を飲むとどうなるかわかっていたから、、、リュックに自分の大切な物をつめて待機していた。とゆう記憶です。こっそり家をぬけだして母と兄と私の3人で夜中の街を夜明けまで歩いていました。(夜明け頃に帰ればいつもの優しい父に戻るからです)車の中で寝て過ごした事もありました、、、冬の雪の降る寒い日の時もあって、母が冷たくなった私の手をさすってくれました。

      自分は都合の悪い事は忘れてしまう癖があります、小さい時からそうでした。引っ込み思案で、、、大人になった今でも変われません。それがコンプレックスの1つで悩みでもあります。

      以前に「小さい頃から両親と話しをしていたり過ごしている時にふと急に他人と一緒にいるような気分になり、不安になりました。不安は数分で解消しましたが今でもそのような感情になる事あります」とコメントしましたが。今日なんとなく気づいた事があります、それは「愛されてるか不安だったからそうゆう気持ちになっていたのでは?」です。

      記事とは関係ない話になってしまいました^^;すみません。

      削除
    2. 14:10 投稿の匿名様

      憑依ですね
      お酒を飲むと憑依霊の影響が大きく出て、身体を貸している状態になるのです
      ただお酒を飲んで憑依されるのは、実際にその人の心のうちに同通するものが潜んでいたからと言えるでしょう

      削除
    3. 17:23 投稿の匿名様

      ご苦労されましたね
      私の父親もお酒を飲むと変わってくるので
      子供の頃からたいへんでした

      お母さんがお優しかったようでよかったですね
      ひとは寒さの厳しさを知ることで、温もりの優しさも感じられるのですね

      削除
  3. 14:10 投稿の匿名
    17:23 投稿の匿名
    で投稿した者です。お返事有難うございました<(_ _ )>
    長い間あった心のもやもやが消えた気がします。

    返信削除
  4. こんにちは、洪さま。11月15日 1:32でコメントした者です。あのあと不思議な感覚がして子供の頃の記憶を思い出しました。

    ●子供の頃、父と兄と私でどこかに行こうとしている車の中で写真が落ちていて、そこに写っているダルマの目が赤く光ってた。私はとても怖くて捨てるのだけど、なぜかまた戻ってきてしまう。

    ●夜中ぼ~っとしながら目覚めると家の窓(となりの家の方)が赤く光っていて「あれはなんだろう?」と見ていた、そのうち寝てしまい朝目覚めるとその光は消えていた。

    ●私がコタツで寝ていた時、夢の中に女が現れて手招き「おいで、おいで」をされた。私は逃げるのだけど、うまく動けない。女の甲高い笑い声がした。そこで目が覚めた、近くに置いてあったTVの後ろがとても怖くなった。

    ●母、兄、私の寝る部屋には仏壇がありそこに寝ていました。夜中ぼ~っとしながら目覚めると、足元に白い着物を着た女性がいてある方向を指さしていた。
    台所、父が寝ている部屋、となりの夫婦の家 を指さしていた。この女性に怖さは感じませんでした。

    母はお姉さんに父の事で悩んでいる事を相談していました。毎日数珠を枕の下に置いて寝ていました。私が3歳くらいの時、母のお姉さんが亡くなっているのですが、
    もしかしたらこの女性はお姉さんだったのでは?と思っているのですが違うでしょうか?いつも母を見守って助けてくれていると思っています。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      実際はどうなのでしょう
      私にはわかりませんが、
      あなたは霊的な感覚が強いのですね

      削除
  5. こんにちは、洪さま。11月17日 11:05でコメントした者です。お返事有難うございます<(_ _ )>

    人に答えを求めるのではなく、自分で見つける事が大事でした。日記を読み返したら現在の私に必要な答えが見つかりました。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます