2017年2月12日日曜日

悔い改めと反省の意義



人は生きているうちに、様々な方に迷惑をかけたり、傷つけてしまうことがあります

たいていの場合は、傷つけていることを自覚しなかったり、相手が悪いと責任転嫁したりして、自らの罪を自覚しないことの方が多いのではないでしょうか



人間にはお互いに自由意志が存在します

その自由意志と自由意志が衝突しあったときに、相手を傷つけてしまうことが起こります

人間がそのまま自らの自由のままに生きていたならば、世の中は傷つけあい、苦しめあう世の中となっていくでしょう

そのために、神様は人間の互いの自由の相克を克服させるために、悔い改め・反省を与えられたのだと思います

自らを振り返って、相手を傷つけてしまったことを悔い、間違った思いや行いを正していこうとすることが反省です

伝統的に仏教では八正道といって、八つの項目に照らして、自らを正していく方法が取られています

ですが、一般の人では、八つも項目があると、なかなか点検するのは難しくなるかもしれません

もっと端的に反省する項目を点検する方法として、身・口・意の三つを振り返ってみる方法があると思います

身・口・意を密教では三密とも呼びます

身とは体のことで、人間の行為を言います

自分の行為が人を傷つけてしまっていないか。過ちを犯していないかを点検します。

口は言葉のことで、言葉によって人を傷つけていないか、間違ったことを言っていないか、嘘をついていないか、などを点検していきます

最後の意は、心に浮ぶ思いのことです

思いのなかで、誤った思いを持っていないか、愚痴や不平不満・怒り・憎しみ・嫉妬・人を貶める思いや、裏切る想い等、ネガティブな思いを持っていないか反省します

このように、行為と言葉と思いを点検して、過ちを正して、罪を悔いて、神様に許しを請い、また傷つけてしまった人がいたら謝ることで、自らを正していきます

ひとは生きているうちに過ちを犯してしまう生命です

その為に、過ちを正していくために人に与えられたのが悔い改め・反省でしょう

それは許しの秘蹟であり、人間関係を調和させる原理となります

関連記事


ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます