2016年7月25日月曜日

古代の宇宙人 出エジプトのモーゼとUFO


以前書いた記事を再アップいたします

旧約聖書の出エジプトの話はご存知ですか?



エジプトで奴隷階級として働かされていたイスラエルの民を、モーゼという指導者が導いて、エジプトから脱して、約束の地カナンへと導いたと言う話しです

この時にイスラエルの民を導いた神の姿はこう表現されています

「昼は雲の柱となり‥・夜は火の柱となって、彼らが昼夜旅を続けられるように照らしてやった。」

人々に見える姿として空に現れて導いたとされています

この表現を読むと、どうもイスラエルの民を導いたのは、霊的な存在ではなくて、現在で言えばUFOと呼べるものを言っていたのだと思えます

出エジプト記には他にも様々なUFOや宇宙人を思わせる記述があります

たとえば、モーゼが十戒の石版を授かったとされるシナイ山での表現はこのようなものです

「雷鳴と稲妻と濃い雲が山を覆い、ラッパの音が高まったので、宿営にあった民はすべて震えた。モーゼは神に会わせるため民を宿営から引き出したので、民は山の下に立っていた。主が火とともに下ってきたので、シナイ山は煙に包まれた。その煙は炉のように立ち昇り、全山は大きく震えた。」

「こうしてモーセは登ったが、雲は山を覆っていた。主の栄光がシナイ山上にとどまり、雲は6日の間、山を覆っていたが7日目に主は雲の中からモーセを呼ばれた。主の栄光は山の頂上で、燃える火のようにイスラエルの人々の目に見えた。 そしてモーセは、雲の中に入って行った。」 

火(光)とともに雲が山に下りてくる姿を、古代の人は神が降りられたと表現しています

これは古代人には宇宙人・異星人についての認識が無くて、そのような自分たちの認識を超えた存在を神としてすべて解釈したのではないかと考えられます

出エジプトでは、紅海を半分に割ったり、マナという不思議な食べ物が天から降ってくる奇跡なども書かれています

こうした奇跡とされるものも、古代における異星人の支援があったのではないかと思わせます

出エジプトにてイスラエルの民を導いた存在と言うのは、ひょっとすると、宇宙人の存在だったのかもしれません

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

  1. EXILEの前世を聞かせて下さい

    返信削除
  2. 記事と関係のないコメントで申し訳ありませんが、取り上げていただきたいテーマがあります。
    最近、子宮けいがんワクチンの接種の副作用で体に深刻な被害が出てしまった女の子達が多いことをネットで知りました。私自身は国が積極的に接種を勧めていた当時、社会人だったので何の被害もなく、子宮けいがんワクチンについて考えてみたこともなかったのですが、調べていくと、その有効性も定かではなく、純粋に国民の健康を願ったものなのか非常に疑問を感じました。
    Yahooの子宮けいがんワクチンの被害を訴えるニュースに、疑問に思う点をコメントしたところ、なぜかコメントした本人以外削除出来ないはずなのに、私のコメントは削除されてしまいました。
    他にも、ワクチンの副作用を認めないコメントが多いことに驚きました。愛からではなく、ワクチンを勧めたい人達がいる気がします。
    体に深刻な害が出ている方がいる以上、多くの人が知り、慎重にならなければいけないと思えます。
    この問題について、洪さんからの視点で記事にしていただけないでしょうか?
    (ただ、私のワクチンに対する反対意見のコメントすら消されてしまったくらいなので、もしかしたら妨害があるかもしれませんが)
    宜しくお願いします。


    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます