2016年11月1日火曜日

先祖供養の危険性



先祖供養については、以前にも書いたことがありますが、質問がありましたので、再掲載致します


日本では先祖を敬う気持ちが強いため、それに乗って先祖供養をすすめる方も多くいます

ですが、先祖供養がそれほど効果のあるものなら、先祖供養をしない他の国では不幸な人だらけになっているはずですね

日本では先祖供養をされている方が多数いらっしゃいますが、諸外国ではそうした風習の無い国が多いです

先祖供養の強い日本が、第二次大戦では敗れて、塗炭の苦しみを受け、逆に戦勝国のアメリカなどは先祖供養などしていませんが、貧しい日本を尻目に、アメリカは豊かな暮らしを享受してきました

もちろんアメリカも現在はだいぶ落ち込んできて日本化されてきてはおります

そのように、客観的に判断すれば、先祖供養がそのまま幸不幸を分けるものではないことは考えたらわかるでしょう

エセ霊能者や変な教祖様などが、相談者の悩みに応えるのに、ご先祖様を出してくることが多くあるため、日本ではこれだけ流行っているところもあるでしょう

なぜ自分が不幸せであると思える状況にあるか自分では分からない。そのため理由を探して様々な霊能者巡りなどをする人が多くいます

それで、不幸の原因として、手っ取り早く単純に指摘できるのが先祖が浮ばれていないから、などと理由をつけて言う事です

他には水子の障りですとか、新興宗教では信心が足りないからです。などと言います

なぜ、そうした事が言われるかといえば、自分を反省する必要がなく、もっとも手っ取り早くて簡単だからです

言われたほうは、実際になにが原因か分からないので、浮ばれないご先祖様のせいですと言われればそうかな?っと信じるわけです

自分で判断がつかないので、結局は言われたままになります

それでは、実際にはどうかというと、たしかにご先祖様で迷われている人が近づいてきていることはあるでしょう

ただそれは、ご自身の不幸の原因をご先祖様や他人のせいとする、責任転換の考えが、同じく、『自分が浮ばれないのは、子孫が供養してくれないからだ』っと同じように不幸の原因を子孫などに責任転換する考えを持つご先祖様と同通することがあるからです

ですので、一生懸命に先祖供養をすればするほど、想いが同通してきて、かえって呼び込んで憑依されるということがあります

自らの利益ばかりを考えて供養していると、かえって呼び込んでしまいかわいそうな結果になることが多くあるのです

もしも本当に先祖供養をされたいのであれば、ご先祖様から見ても誇らしく思えるような生き方をされることでしょうね

関連記事

ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

9 件のコメント:

  1. 私達は過去はどうあろうとも、既然として誇り高い生き方をして行けば良いのですね?
    (ムーミンのご先祖様にはウケました~♪)

    返信削除
    返信
    1. ここで書かれている事は、巷で言われている事と全然違いますね!

      誠実さを感じるブログだと思いました。

      削除
    2. 自分の過去につきましては責任を負うべきでしょうが
      ご先祖様の分までは背負わなくてもよいことですね
      自己責任が原則で、その人の思いや行いはその人自身の責任となります

      削除
    3. 先祖供養を安易にすすめる人もいらっしゃいますね
      もちろんお盆とかそうした時期にお墓参りとかされるのはよいことだとおもいますが、毎日のようにされるのはいかがかなと思います

      削除
    4. あぁ・・・!
      今までで一番納得できる答えを、このブログから頂けた気が致します。

      安心して改めて”自分の人生”を歩んで行けます。
      本当にありがとうございました。

      削除
    5. 仰る事、良く解ります!

      先祖供養を頻繁にする方の中には、ご先祖様の為と称して、むしろ実際はご自分の利益や損得の事しか考えていないお方も多いというのが、私の見解です。

      削除
  2. 納得・・・、いえそれ以上に「痛快!」です(^o^) 
    スクール生

    返信削除
  3. ご先祖さまから見ても誇れるような生き方、ごもっともだと思います。
    それに、輪廻転生を考えると、自分の知らない時代のご先祖さまなど、いつまでも自分の先祖のままの状態ではなくなるのではないかとも思ってました。

    返信削除
  4. お墓も先祖供養も、結局は生きている人の自己満足だと思っています。
    「千の風になって」ではないですけど、お墓の中にご先祖は入っていないでしょう。ただ、先祖供養をしていないという罪悪感が強いと、たぶん不幸を引き寄せます。そういう意味で、自分を満足させて不幸を引き寄せないためにお墓詣りをするというのはある意味正しいと思います。
    罪悪感のない人はお墓詣りしなくても幸せに生きてますよね。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます