2016年7月7日木曜日

人は最後の時に何を思うか スピリチュアルメッセージ


以前に掲載しましたスピリチュアルメッセージを、再掲載いたします

想像してみてください、もしも今日で世界が終わるとしたら・・・貴方なら貴重な一日をどのように過ごしますか?


なかには自暴自棄になって欲望のままに振舞いたいと考える人もいるでしょう

でもたいていの人は、やがて静かに現実を受け入れて、愛する人のことを考えるようになるでしょう

それは夫婦であったり恋人であったり、お母さんやお父さん、祖父や祖母、ご兄弟であったり、特に仲のよい親友であったりするでしょう

愛するものと一日を過ごしたい、愛していることを伝えたい、感謝の気持ちを言葉で伝えたいと思うのではないでしょうか

最後となる時だからこそ、人のもっとも大切なものが見えてくることがあります

大切なものは、本当に大切な人は身近にいつもあると、そのありがたさを忘れてしまっているかも知れません

もうこれでお終いという線引きがあることで、普段は忘れているありがたさを思い出させてくれます

世界の終わりと問いましたが、個人においてこの世の別れの時に同じような問いかけを問われるものでもあります

この世の別れである死は、ある日突然訪れるため、何の後悔や未練も無くあの世に旅立つ人は少ないでしょう

それは、まだまだ人生が続くという幻想と、死後のことは考えたくないという怖さからくることもあります

もしも世界が今日で終わるのなら、自分はどうしたいと考えるだろうかと自問自答してみてください

静かに考えるうちに、自分にとって本当に大切なものは何なのか、真に大切な人は誰なのか、クリアーに見えてくるでしょう

そして自らに過ちがあったことを後悔させてくれます

生前に悔い改め、道を正せるのなら、そのものはとても幸いな方です

どうかこの世の旅立ちにおいて深い後悔を残されませんように

関連記事

ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

1 件のコメント:

  1. ありがとうございます!

    自分自身、体細胞ガイア次元上昇についていけなかったのか
    ある臓器が急激に、この夏から病んでいます

    記事のとおり、様々に思いがめぐりました。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます