2016年10月13日木曜日

人生でつらく、悲しい時 あしあと 【名言】

ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、私の好きな詩「あしあと」を紹介します




ある夜、わたしは夢を見た。

わたしは、主とともに、なぎさを歩いていた。

暗い夜空に、これまでのわたしの人生が映し出された。

どの光景にも、砂の上にふたりのあしあとが残されていた。

ひとつはわたしのあしあと、もう一つは主のあしあとであった。

これまでの人生の最後の光景が映し出されたとき、

わたしは、砂の上のあしあとに目を留めた。

そこには一つのあしあとしかなかった。

わたしの人生でいちばんつらく、悲しい時だった。

このことがいつもわたしの心を乱していたので、

わたしはその悩みについて主にお尋ねした。

「主よ。わたしがあなたに従うと決心したとき、

 あなたは、すべての道において、わたしとともに歩み、

 わたしと語り合ってくださると約束されました。

 それなのに、わたしの人生のいちばんつらい時、

 ひとりのあしあとしかなかったのです。

 いちばんあなたを必要としたときに、

 あなたが、なぜ、わたしを捨てられたのか、

 わたしにはわかりません。」

主は、ささやかれた。

「わたしの大切な子よ。

 わたしは、あなたを愛している。あなたを決して捨てたりはしない。

 ましてや、苦しみや試みの時に。

 あしあとがひとつだったとき、

 わたしはあなたを背負って歩いていた。」


byマーガレット・F・パワーズ


関連記事

ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

9 件のコメント:

  1. こんにちは!この詩、探してました~”
    とても心があたたかくなる素敵な物語です

    返信削除
    返信
    1. お久しぶりです

      お探しでしたかあ
      見つかってよかったです
      素敵なお話しですね

      削除
  2. 洪さんのブログを過去へ遡っておりましたら、こちらの詩「あしあと」に辿り着くことができました。
    最後の行を目にした時、図らずも熱い涙が止めどなく流れてきました。
    太平洋放送協会から本も取り寄せ、この詩の背後にあった奇跡の物語についても知ることができました。
    宗教や信仰の対象を越えて、どれ程多くの人々を励まし慰め、勇気づけてきたことでしょうね。
    邦訳された詩が一枚の栞として本に添えられています。いつもそばにおいて読み返し、今後の心の支えとして参りたいと思います。本当に嬉しかったものですから、コメントさせていただきました。心からありがとうございます。

    返信削除
  3. 洪 様

    いつも拝読させて頂いております。
    以前にも読ませて頂きましたが、素晴らしい詩です。

    涙が出ました。

    有難うございました。

    この地球を生きていく勇気が湧きます。

    返信削除
    返信
    1. 素晴らしい詩をありがとうございます。涙が止まりません。魂が感動しています。

      削除
  4. 何度読んでも熱いものが込み上げてきて、涙が溢れてきます。
    苦しかった時も悲しかった時も側にいてくださったのですよね。

    その苦しみも悲しみも今は大切な宝物になっています。

    いつもありがとうございます。

    返信削除
  5. 胸がじんわり熱くなりました。
    ひとりじゃない。なんて、心強いんでしょう。
    ありがとうございます。

    返信削除
  6. 神様の優しさを表したお話ですね。

    返信削除
  7. 素晴らしい詩をありがとうごさいます。

    ひとりで眠る冬の布団が、今日はとても暖かく感じます。
    ありがとうございます。なにもないけれど、こんなに幸せです。
    こんな風に誰かをやさしくつつんであげられるようになりたいです。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます