2016年11月25日金曜日

愛に飢える者


以前に紹介したメッセージを再掲載いたします

私たちは砂漠を旅する者が水を求めるように、愛に渇き飢えています



そして大抵の人は他人から愛されることを幸せと思い、与えられることを求めているのではないでしょうか

私たちが存在しているのは、天の父より愛を与えられ、生かされているといえます

太陽からの光のエネルギーは日々供給され、空気や水など生きるために必要なものを提供されています

そして霊的なエネルギーも永遠に供給されているがゆえに、人の魂は無限の命を得ているのです

人の命は、天の父の愛による波の上に浮かぶ生命であると言えます

そうした見えない力や、普段気付かないありふれた存在とされる愛によって人は生かされ、育まれています

人が目に見えぬ愛によってこの世に生かされているのは、人間はこの世において他者への愛に生きることを期待されているのです

天の父からの愛は圧倒的で、とても見合うだけの愛を世にお返しすることは叶いませんが、可能なだけお返しして還らねば申し訳ないことだと思います

目に見えぬ天の父の愛を、具体的に現していくのが地上にある人間の使命であると言えます

関連記事


ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

  1. テストです2013年10月12日 8:10

    このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除
  2. 洪さんをはじめ、皆さんの貴重なコメントに触れることができて、本当に勉強になります。いつも感謝しています。
    ここに来て、少しずつ分かってきたことは「どうやらこの地球で起こっている様々な出来事の多くには、いくつかの宇宙人意識体勢力の意図が関与していて、直接的操作もあるらしい。そしてそれら全てが神の愛・光に基づく平和的意識体ばかりではないようだ」という今さらながらの状況。
    この宇宙が一体何次元まであるのかさっぱりわかりませんが、現在の我々の数次元上の意識体までいっても、今の地球上と変わらずの勢力争いがあるということ?いや、むしろ宇宙人意識体勢力の対立があるから今の地球の様相があるの?「宇宙人は、地球人の行く末を暖かく見守っているだけで、自由意志と自己決定に直接干渉することはない」といった内容をどこかで見聞きしたことがありますが、それも全てではないということですね。そもそも宇宙人意識体のmentalityと精神次元概念を一緒に考えること自体がナンセンスなんですかね?まあ言ってみれば、私たち地球人も外から見りゃ宇宙人ですがね!STAR WARSまんまやん!
    これまで幾人かのチャネラーの発する宇宙意識体のメッセージ等も大まかには見聞きして来ていますが、各々の宇宙意識体の善悪や光と闇、mentalityの階層性が存在するのだということが少しずつ分かってきたような気がします。なんか今の地球人と構造は一緒じゃん!いろんな宇宙人が地球上に生まれて来ているんだから当り前か!
    結局、どこで切り取ってもおなじ金太郎飴、入れ子のマトリョーシカ、フラクタル構造ということなのでしょうか?お恥ずかしいですが、今の私の理解力ではこれくらいで限界です。どなたかがコメントしておりましたが、私も全てを鵜呑みにせず、まっとうなリテラシーを持って自分の心で判断して行けるようになりたいと思います。とにかく私の意志は、微弱ながらも天の父の愛を具現化すべく、光領域で生きて行きたいというところにあります。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます