2016年10月9日日曜日

他人に怒りや憎しみを感じるとき



以前にアップした記事を再掲載いたします

他人に怒りや憎しみの感情を抱くことは人間であればだれしも経験することでしょう


何故そうした感情が起こるかと言うと、他人を自分の思い通りに動かしたい、あるいは言わせたり思わせたいとの願望が強くあるが、他人は思い通りにはならないことが原因としてあります

人間にはその人自身が心の自由を任されている存在で、他人がいくら優れていようとも人の心を自由には出来無いという事実があります

他人が自分の思い通りにならず、違ったところに怒りや憎しみの原因があります

一般のあまり権力の無い者がそうした感情を抱くと、悪口を言ったり、怒りの言葉を発したり、時には暴力で相手を従わせようとする行為に出るものもいます

それが国家レベルの権力者であれば、敵対する相手を虐殺し、絶えず自らに背く者はいないかと不安に駆られ、粛清が進んでいきます

今のシリアや北朝鮮、中国などで見られる現象です

このように人は、時には力や暴力を用いて相手を従わせようとまでいたします

ですが、これらの国でも、反乱の目は表向き見えなくなっても、地下では燻り続けているように、どれだけの力を用いようとも人の心は自由になりません

人生において様々な人と出会い、そのうちに怒りを感じる相手も出て来ることもあるでしょうが、相手の心を変えることはふつう出来ません

ですが自分自身の気持ち、心は変えることができます

相手に言われた言葉をずっと内に秘めて、憎しみの炎を燃え立たせ続けることもできれば、参考に出来る部分は受け止めて、あとは川の水のようにサラサラと流してしまうことも出来ます

どのように判断を下すかは個人個人に任されておりますが、自身の心を変えることで、相手へと感化させることは出来るようになります

相手の心を自由に支配しようと思っても出来ませんが、自分の方の心を変えていくことで、不思議と相手も変わっていくことがあります

関連記事


ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

6 件のコメント:

  1. 初めまして。最近からブログを読ませてもらってます。そうか~!と思う事が多々あります、気づかせてもらってます。有難いです。
    私の場合は、他人ではなく姉妹での、もめ事が多く大変です。姉妹とはいえ、価値観が違うのは当たり前なので、それはそれでお互い認め合えば楽になるのに、難しく考えるらしくて、揉めることでもないのに、色々と大変なことになってしまいます。チョットだけウンザリしてます。

    返信削除
  2. 今日のこの記事は今まさに職場で私が抱えている悩みでした。スッと胸に染み込んできました。今夜は何度も何度も記事を読み返します。そして自らを変える努力をしてみます。また辛くなったらこの記事に戻り、先生の言葉で自分を振り返りたいと思います。我慢していた涙が出てきました。本当にありがとうございました。

    返信削除

  3. 毎回拝読させていただいてます。
    ありがとうございます。

    色んなスピリチュアルブログを読みますが、大概、自分は、選ばれた能力者で、あなたがたは、愚かだから、真理を教える的なものが多いです。


    でも、あなた様には、そういう所がいっさいなく、暖かさや、器の大きさを感じます。


    ────許す────


    なかなかに、難しいことです。

    親戚の人なんで、毎日会うわけじゃないですが、集まる時は、7年前の怒りがこみ上げるのですが、主人のことを思って、子供のことを思って、我慢しています。


    これからも「道しるべ」となる、素敵な記事を待ってます。いつもありがとうございます。

    返信削除
  4. 洪様

    いつもお世話になっております。
    ありがとうございます。

    今日のブログはまさに今の私の為に書いて下さったの?と言う位にぴったりでした。
    近所の方からの我が家の音に対する無記名のポスティングに落ち込んでいました。
    教えてくれてありがとう。ご迷惑をお掛けしました。と思いつつも誰からかわからず少し怖くて、、、。
    気を付けるに越した事は無いのですが。
    全ては何かを教えてくれているのですよね。
    何度も読ませて頂きます。
    ありがとうございます。

    返信削除
  5. 初めまして
    拝見するたび安らぎを頂いております
    こちらを拝読していてお伺いしたいことがあります。
    書かれている内容と逆に立場についてです。
    自分自身の魂が闇と言われる存在と光と言われる存在のハイブリッドで
    魂のレベルで疎まれる存在と認識しているおります(そういう存在があり得るか想像の域を超えませんが)
    魂レベルでの自己否定は乗り越えたのですが
    同胞が不在になった事への悲しみを乗り越えられずにおります。
    いつになったら悲しみは乗り越えられるのでしょう
    想像力が豊かなだけかもしれませんが
    もし何かご存知の事がありましたら
    教えて頂きたくコメントさせていただきました。
    どうぞよろしくお願い歌します。

    返信削除
  6. 他人に対してなるべくそういう感情を持たないように、反面教師にしたり、そういうものだと諦めたり、折れたり、自分の中でこじつけを作って苛々しないようにしているのですが
    (ぶつかる覚悟で言っても上手く伝えられなくていつも誤解されてしまうから)
    自分に対しての憎しみや怒り、悲しみが消えなくて増していくばかりで、毎日自責の念に押し潰されそうになってしまいます
    他人に対しての感情よりも消化しにくいなぁと思いました

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます