2016年10月25日火曜日

神々の真実 地球の秘められた歴史



宇宙から飛来した魂と言うと、なにか偏見を持って見られることがあるようです

地球におられる高級霊や神々とされる存在と距離のあるものとして受け止められる場合があるかもしれません



ですが実際は、この地球で神話などで神と呼ばれる存在や、大きな宗教を興した存在と言うのも、実はかつて宇宙から来られた方々なのです

仏陀意識やキリスト意識などにおいても、その魂の歴史は地球で高等生物の現れたときよりずっと古く、太古より存在し、宇宙に愛と慈悲のエネルギーを放出していました

日本神話の神々においても同じことが言えます。彼らも日本列島が誕生するはるか以前よりおられ、この日本を麗しき国とすべく飛来し、集い来た方々なのです

地球にて高等生物が誕生してから僅か数億年の月日しか流れておりませんが、それは宇宙の歴史から見れば、最近の出来事であります

彼ら高次の意識体は、それよりはるか古代より存在し、様々なる星星において人々を善導してきた実績があります

地球における信仰というのも、そうした宇宙から来た高次の意識体に対する人々の思いから形作られているといえます

ですので、単純に宇宙からのものであることに偏見をもつことは、地球の歴史上で様々に人々を導いてきた、こうした高級諸霊に対して偏った見方をするということでもあります

地球における人類の歴史と言うのは、様々なる星から集い来たった方々による、導きの歴史とも言えるものなのです

ただ、宇宙から飛来した魂において、いまだに地球へ馴染めずにいる新たな参入者や、出自の星によって価値観の様々なる違いと言うのはあります

そうした違いと言うのも違いを知って学びあえる教材として役に立つところがあります

ですので、宇宙からの魂だと言うだけで、何らかの偏見を持って見られないように願っています


関連記事


ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

1 件のコメント:

  1. NASAが発表している内容だと、11月15日辺りから2週間ほど地球に太陽の光が届かないのではないかという現象が起こるみたいです。
    ブログには太陽が消えるとかいている人が多いのですが、消えるというマイナスな表現はいかがなものかと思います。
    起こる起こらないは一先ず脇に起きますが、鳥取の地震、千葉でも地震があったように地球に何かしら変化が起こるのかなと、そして私たちにも何か変化があるのかなと。祈りと光を送らないといけませんね。
    太陽については日本のマスコミは報道していませんが洪さんは何か感じ取られますか?

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます